自律神経失調症、身体表現性障害、身体症状性障害|埼玉県さいたま市大宮区 心療内科|心と体のクリニック


自律神経失調症、身体表現性障害、身体症状性障害

 

自律神経失調症

自律神経失調症は専門書にない病名

自律神経失調症は心療内科の代表的な病名として一般には知られているのに、医学専門書には自律神経失調症という言葉すら載っていなかったりします。どうしてこんな変なことになっているのでしょうか?
自律神経失調症とは何かというと、「検査をしても異常がないのに、自律神経系のさまざまな症状を訴える状態」です。この病名の欠点は、自律神経機能を正確に計測する方法が現時点ではないので、検査所見を示して「あなたは自律神経失調症です」と説明しにくいことがあります。また自律神経失調症とされる症状の全てが自律神経の失調とも考えにくいのが実情でしょう。
さらに悪いことには「よくわからないから」とか「とりあえず何か病名を付けておこう」といった理由で安易に使う人(医師)もいる。そんな事情があるので医学専門書で無視されるという事態が生じていると考えられます。
それでも自律神経失調症という病名が使われるのはそれなりの理由があります。一つにはこれに代わる適当な病名がないからです。たとえば、うつ病やパニック障害でよく使われるアメリカ精神医学協会によるDSM分類は、こと自律神経失調症に相当する症状に対しては十分整備されておらず、診断名としては使いにくいのです。
もちろんDSM分類においても自律神経失調症に該当する診断名はあります。たと えば身体表現性障害の一部に分類される「身体化障害」という病名がありますが、この診断を下すためには「三○歳未満にはじまり、痛み、胃腸症状、性的症状などが数年間続く」などの条件を満たす必要があります。三○歳を過ぎて症状が始まった人にはこの病名が付けられないし、いくつかの症状が揃わないと除外されるため、自律神経失調症の患者さんで身体化障害の診断基準を満たす人は少数にとどまります。
ではDSM分類で診断すると大半の自律神経失調症の患者さんはどんな病名になるかというと「鑑別不能型身体表現性障害」や「その他の身体表現性障害」といったものになります。「あなたは鑑別不能型身体表現性障害です」とか「その他の身体表現性障害です」と言われたら、患者さんも困ると思います。こうした事情も自律神経失調症という病名を捨て難くさせているのでしょう。(ちなみに2013年5月にDSM分類の改定があり自閉症などの項目が変更になっていますが、自律神経失調症関連の病気に関しては大きな変更はないようです。)
ところで私自身も自律神経失調症という病名を使うことはよくありすが、それは自律神経失調症という病名が広く知られているので患者さんに説明しやすいという消極的理由からです。今後は、もう少し実用的な病名ができることを私も望んでいます。

自律神経失調症の症状

以下に自律神経失調症の症状とされるものを挙げておきます。

〔頭〕 頭痛、頭重感、のぼせ
〔目、耳、口〕 疲れ目、耳鳴り、口渇 
〔喉〕 詰まり感、違和感
〔呼吸〕 息苦しさ、酸欠感
〔心臓・血管系〕 胸痛、胸部違和感、動悸、立ちくらみ
〔消化器〕 食思不振、吐き気、腹部膨満感、便秘、下痢
〔泌尿、生殖器〕 頻尿、残尿感、生理不順、陰部の痒み、インポテンツ
〔筋肉、関節、皮膚〕 肩こり、脱力感、多汗、無汗、皮膚の乾燥
〔手足〕 しびれ、冷え、だるさ
〔全身症状〕 不眠、疲労感、めまい、微熱、フラフラ感、ほてり
〔精神症状〕 不安感、イライラ、集中力低下、意欲低下、記憶力減退

 


身体症状性障害

「身体症状性障害」とは

2013年5月にアメリカ精神医学会作成「精神疾患の診断と統計のためのマニュアル第5版」が出版され、2014年に邦訳もでました。これは、その前のバージョンDSM-Ⅳ-TRが2000年ですから13年ぶりの改定です。
 心療内科と直接関係しそうな話に限定しますと,一番の変更点はこれまで身体表現性障害という大分類が、大幅に変更になり主に身体症状関連障害になったことです。 といっても、何のことか分かりにくいですね。当クリニックではめまいや肩こり、だるさ、頭痛などの症状で受診する患者さんに自律神経失調症とか身体表現性障害という診断を付けることが多いのが現状です。
ただこの診断名はどちらも難があります。まず自律神経失調症という名前は主に日本だけで通用する病名です。また実際に自律神経が失調しているかどうかは不明だという問題点もあります。
しかし身体表現性障害という診断名も適当ではないのです。というのは、DSM-Ⅳでは、自律神経失調症に相当する病名は厳密には鑑別不能型身体表現性障害という変な診断名になってしまうからです。
 今回新しく「身体症状性障害」という診断名が生れましたが、これは当クリニックで使用している自律神経失調症や身体表現性障害とほぼ同じものです。この二つの診断名よりは「よりまし」だと思いますが、まだ馴染みがない病名なので、私は当分は従来通りの診断名を使う予定です。

 一応以下に主な診断規準を挙げておきます。

身体症状性障害(Somatic Symptom Disorder)のDSM-5の診断基準
A.身体症状が苦しく、日常生活の著しい妨げとなっている
B.次の身体症状や健康上の関心に関する過剰な考えや感情、行動
 1.症状の重症度に関する不適切で持続的な考え
 2.健康や症状に関する持続的な強度の不安
 3.過度の時間と労力をこのような症状や健康上の関心に費やす
C.どの身体症状も連続的ではないが、身体症状の出現状況は持続性である
   (典型的には6ヶ月以上)

 


冷え

冷え (その1)西洋医学で軽視される冷え

 冷えとは、手足や腰などがいつも冷たく感じる症状、または体質をいいます。冷えは自覚的なものなので、他の人が触っても冷たいとは限りません。また冷えは寒さとは違い、体の中に入り込んだ冷たさをいうので、夏でも冷えはあります。  冷えは代謝を悪くするため、疲れやこわばりの原因にもなります。
 おもしろいことに冷えに相当する適切な英語はありません。しかし英語圏の人にも冷えで困っている人はいるようです。西洋医学でも「冷え」という病名はなく、循環不全や代謝の低下に伴う一つの現象といった説明がされることがあっても、あまり注目されないようです。
 一方、東洋医学では冷えは重要な概念です。東洋医学では体を構成しているものを気・血・水の三要素で捉えます。気は活動を支えるエネルギー、血は血液、水は体液の流れに相当します。
冷え性は気・血・水の不足または滞りの状態(虚証、気虚、血虚、瘀血)とされています。
 女性に多いのは体の上半身がのぼせて、下半身が冷える現象ですが、これを東洋医学では、もともと体の上部は陽、下部は陰となる性質があって、この交流がうまく行かなくなっている状態だと解釈します。

冷え (その2)冷えは自律神経失調症の症状の一つ

 さて心療内科ではどうでしょうか。
冷えの原因は複数あり、不明な点が多いのが現状ですが、心療内科では冷えは自律神経失調症の一つの症状として扱ってきた経緯もあり「冷えで困っている」と訴える患者さんは少なくありません。また患者さんにとっては「少しでも症状を軽くしたい」というのがホンネでしょう。
事故や不幸な出来事、試験会場など、不安になったり緊張する場面で手足が冷たくなった体験を持つ人はいると思いますが、これは自律神経の一つである交感神経の興奮が原因です。またストレスや不眠、疲労などでも冷えは生じます。
女性に多いのが体質的な冷えで、このうち半数以上の人が月経前症候群や生理不順を伴っている印象です。
 では心療内科ではどんな治療を行うのでしょうか。不安、緊張、ストレス、不眠などが原因の人は、まずは不安や緊張、不眠などの改善を優先します。そうすることで冷えも改善することが多いからです。
他の症状が改善しても冷えが残る場合や体質的に冷えが困っている人の場合は以下に述べるような薬物療法や自律訓練法の他、自分で試せる冷え対策を勧めます。
1)薬物療法
 ビタミンE(ユベラ):冷えに有効な薬として、ビタミンE(ユベラ)があります。これは霜焼けの治療にも使われますが、血液が血管をスムーズに通り易くする効果があります。
漢方薬:冷えには漢方薬が効果的な場合が少なくありません。具体的には八味地黄丸、人参湯、温経湯、当帰杓薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、苓桂朮甘湯などでしょう。
2)自律訓練法
自律訓練法は、自己暗示によって手足の重たい感や温かい感じを誘導する方法です。入眠困難、過敏性腸症候群など、心療内科の病気全般に有効ですが、とりわけ冷えは効果が実感できると思います。
 自律訓練法は、以前はどこの心療内科でも行われていたのですが、最近は廃れ気味です。その理由は効果がないからではなく、面倒なからのようです。私は患者さんだけでなく、医学生や一般の人にも教えていたことがあります。
大半の人は一、二回指導するだけで、手足が重くなったり、温かくなったりする体験ができるのですが、その後続ける人は意外なほど少ないのです。毎日たった5分ぐらいの練習で十分なのですが・・・。

冷え (その3)自分でできる冷え対策

 冷えは薬などを使わないでも改善できます。ポイントは「緩める(ゆるめる)」と「温める」です。不安や緊張、ストレスは冷えの原因になります。緩めることは、冷え改善だけでなく、元々のその原因にも好影響を与えます。
そして微温でゆっくり温めることは冷えを改善させるだけでなく、緩めることも促進します。その方法は沢山あり、そのうち自分に合ったものを選べばよいと思いますが、手軽にできるものとして以下をお勧めします。
1)お湯で温める
  温める方法で一番手軽なのはお風呂でしょう。ただしシャワーでは体の芯まで温まりません。湯船に普段より低めの温度でゆったり浸かりましょう。
湯船でゆったりできない人へのお勧めは足湯です。両足を40℃くらいのお湯に20分程度、浸すのです。容器は足湯器(フットバス)がなければバケツや洗面器でも構いません。
2)足指の運動
足指や足首を回したり刺激することも冷え対策になります。お勧めは、足指を思いつくまま動かす方法です。これをやると血流が盛んになるし、足指付近の筋肉も温かくなります。
ところでこの方法を数分続けると、自分が足指を動かしているというよりは、足指が勝手に動いているという感覚に変わることがあります。ぜひ、この「指が勝手に動いている」という感覚を楽しんでください。
意図的にやると、どうしても無理に動かすため、「緩める」という原則に反してしまいがちですが、勝手に動く感覚を大事にすると「温める」と「緩める」が両立します。
3)食べ物
地下にできる根菜類、たとえば人参、ゴボウ、レンコン、いも類などは温める力が備わっているとされています。またショウガは温める食物として有名です。
       

 


めまい

プロでも難しいめまいの原因や診断

めまいをネットや本で調べようとして「調べたけどかえって分からなくなった」という感想を持った人も多いと思います。専門家でも「めまいの原因や診断は難しい」というほどですから、それも当然です。
そこでここでは以下のようなざっくりとした話に限定します。
・すぐに病院に行くべきめまい
・症状によるめまいの区別
・自律神経失調症(浮遊性めまい)の治療
 

すぐに病院に行くべきめまい

1)脳梗塞や脳出血の場合
急ぐのは脳梗塞や脳出血の可能性がある場合です。ポイントは、めまいの性状ではなく、めまい以外にどんな症状があるかということです。めまい以外の症状がない場合は脳梗塞や脳出血の可能性は少ないのです。心配なのは「ろれつが回らない」「物が二重に見える」「手足がしびれたり、力が入らない」「立ったり歩こうとすると片方によろける」などの場合です。すぐに救急外来や脳神経外科を受診しましょう。
2)後遺症が残る可能性がある場合
 突発性難聴など、難聴を伴うめまいは放置すると聴力が戻らない危険があります。なるべく早く耳鼻科を受診しましょう。

症状によるめまいの区別

1)回転性めまい──耳鼻科の病気です。
「グルグル回る」感じのめまいの大半は、耳が原因で起こる良性のめまいで命の危機に直結することは少ないです。代表的な病気としては良性発作性頭位めまい症、メニエール病、めまいを伴う突発性難聴、椎骨脳底動脈循環不全、前庭神経炎などで、何れも耳鼻科の病気です。
2)立ちくらみ──まずは内科で相談。
立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったりは、血圧の変動によるもので、厳密にはめまいとは呼べないものです。低血圧(起立性低血圧)や貧血、不整脈などが原因のことが多いので先ずは内科や循環器で相談してみてください。
3)浮動性めまい──一自律神経失調症はこのタイプ。
ふわふわ・フラフラするめまいです。非回転性で、立ちくらみでもなく、マヒや強い頭痛がないものです。多くは慢性的です。ときどきあるもの、持続的にあるものもあります。また歩いている最中だけの場合も、じっとしていてもある場合など、そのパターンは一定しません。
心療内科を受診してください。またこれ以外でも、他の科で「異常なし」とされた場合も心療内科の治療で改善する可能性があります。

自律神経失調症のめまい(浮遊性めまい)の原因、治療

自律神経失調症のめまいはストレスや睡眠不足、生活のリズムの乱れ、過労なども関係するので、先ずはこうした問題を少しでも改善することが大切です。
めまいを軽減する薬としてメイラックス、リーゼ、リボトリール、イソメニール、漢方薬などを使います。70~80%の人は治療を開始して数日~二週間で症状が軽減します。
しかし数カ月しても改善しない人も5~10%います。こうした場合、もう一度、耳鼻科や神経内科などを受診してもらうことになります。もっともこうした科で「異常なし」と言われて心療内科で受診したというケースが大半なので、治療に苦慮する場合も少なくありません。

 


更年期障害と自律神経失調症

(女性)更年期障害とは

女性の閉経は平均50歳です。更年期は閉経前後5年間、つまり45歳-55歳を指します。更年期障害とは、更年期に現れるさまざまな症状のうち、他の病気を伴わないものを呼びます。
更年期障害の原因は、ホルモン(卵胞ホルモン、エストロゲン)の低下だと理解している人が多いようですが、原因はそれだけではありません。ホルモンの低下に加え、加齢に伴う変化や、更年期に特有な女性が抱える心理的、社会な要因が複合的に影響すると考えられています。

更年期障害の主な症状

更年期障害で一番知られているのは、暑くもないのに急に汗が出るホットフラッシュです。これは更年期障害特有の症状といえるものですが、他に以下のような症状があります。
〔体の症状〕のぼせ、多汗、冷え、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすさ、
  頭痛、肩こり 、めまい、腰痛や関節痛、
嘔気、食欲不振、皮膚の乾燥、かゆみ、頻尿、外陰部の不快感
〔精神症状〕イライラ、抑うつ気分、情緒不安定

更年期障害と自律神経失調症、どこが違う?

更年期障害と自律神経失調症の症状はとても似ています。この二つの病気、いったいどこが違うのでしょうか。私はホットフラッシュを除いて、症状だけではこの二つを区別できないと考えています。
更年期障害だと診断するには、血液検査でエストロジェンの低下や、老化した卵巣を活発にするために脳下垂体から分泌されるホルモン(性腺刺激ホルモン)の上昇が参考になります。
ただしエストロジェンや性腺刺激ホルモンのこうした変化はあくまで年齢に伴う生理的変化であり、病的変化ではありません。その証拠に、更年期に全く症状が無い人も沢山いいます。ですから血液データはあくまで参考資料なのです。
一方、自律神経失調症を積極的に診断できる検査は現時点ではありません。そこで、やや乱暴ですが二つの違いは次のようになります。
自律神経失調症と診断できる更年期の女性において、ホットフラッシュの症状や、血液検査でのホルモン異常(変化)がみられる人が更年期障害である、というのが現実的でしょう。このように更年期障害と自律神経失調症は重複する概念です。

更年期障害の治療法

今述べたような理由で、更年期障害の治療法も自律神経失調症と重なります。ただし婦人科で行う更年期障害の治療として、ホルモン補充療法(HRT)やプラセンタがあります。
これらホルモン療法は効果的な場合も少なくないのですが、当科では行いません。その理由は、当科では婦人科的な診察や検査ができないのと、治療リスクを否定できないためです。ホルモン療法を希望する場合には婦人科を受診して頂き、その治療でも改善が不十分なら、改めて当科への受診を検討して頂きたいと考えます。

 


月経前症候群、月経前不快気分障害

月経前症候群(月経前緊張症,PMS)

・月経前症候群とは
月経前症候群(PMS; Premenstrual Syndrome)は、生理開始の1~2週間位前からおこり、生理開始とともに消失するという特徴を持つ、身体的症状や精神的症状を示す病気を指します。
・原因
原因は不明です。有力な説としては、健康な女性は排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されるのですが、月経前症候群においては黄体期の後半にこれらが急激に低下するためだとする説があります。しかし実際には月経前症候群はもっと多くの原因で起こるようです。
・症状
身体症状:のぼせ、食欲不振や過食、めまい、倦怠感、腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなど
精神神経症状:情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害など
・治療法
1)一般的な注意点
月経前症候群は、比較的はっきりと悪くなる時期や改善する時期が分かる病気なので、その時期が来ることを前提した生活の予定を立てておくとが大事です。
また不眠や過労、ストレスは症状悪化につながりやすいので、この時期はとくに気をつけるべきでしょう。
2)薬物療法
排卵抑制療剤:婦人科では低用量経口避妊薬(低用量ピル)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP)などを勧めることが多いようです。これは排卵を止めることで、女性ホルモンの変動が無くなるので症状は軽快します。
抗うつ剤:SSRIが有効とされている。ただし、身体症状が主体の例に対しては効果がない例が少なくないという印象を私は持っています。
漢方薬:加味逍遥散、当帰芍薬散、桃核承気湯、女人散、抑肝散、桂枝加竜骨牡蛎湯などは試す価値がある薬でしょう。
その他:自律神経失調症に準じた治療で改善する場合も少なくありません。また痛みに対しては鎮痛剤、むくみに対しては利尿剤が使われます。
婦人科だけ、または心療内科だけの治療で改善することも多いですが、改善不十分なら婦人科と心療内科の両方への通院が必要でしょう。
・家族や周りの人に対して
月経の周期は本人だけが知っている場合が大半なので、家族などの周りの人にとっては「急に体調が悪くなった」とか「急に仕事(家事)ができなくなった」ように映ります。残念ですが周りの人はあなたに好意的ばかりとは限りません。このため「仕事(家事)をしたくないだ」などと、誤解される場合さえあります。
家族や周りの人にこの病気を理解してもらえるのが一番よいのですが、それが無理で誤解される可能性がある場合は、「何日ごろ体調不良のため仕事が十分できないかも」と事前にそれとなく予告するのも一つの方法でしょう。

月経前不快気分障害(PMDD)

・月経前不快気分障害とは
月経前不快気分障害(PMDD;Premenstrual Dysphoric Disorder)は月経前症候群のうち、とくに精神症状が強い場合を指します。
・原因
原因は不明です。月経前症候群に近いメカニズムがあると考えられます。
・症状
抑うつ、不安、緊張、情緒不安定性、イライラ、怒りの感情、気力や集中力の低下などの精神的症状が強いことが特徴です。これに加え月経前症候群と同じく、過眠や不眠、頭痛、過食、吐き気などの身体的不調も出現することがあります。
月経前不快気分障害は、症状が生理開始の1~2週間位前からおこり、生理開始とともに消失するという点は月経前症候群と同じですが、精神症状が強く日常生活や社会生活へ支障をきたしてしまう点が大きな特徴です。
・治療
月経前症候群とほぼ同じですが、ホルモン療法に加え抗うつ薬や精神安定剤が必要にったり、月経前症候群よりも薬でコントロールしにくい例が少なくないようです。
このため、婦人科と心療内科(または精神科)の両方で治療を受ける必要があるでしょう。
・家族や周りの人に対して
月経前症候群での話と重なりますが、家族などの周りの人にとっては「急にイライラしたり怒りっぽくなった」とかとか「急に返事をしなくなった」ように映ります。このため家族や周りの人が戸惑うだけでなく、口論になったりして人間関係が悪化することすらあります。
家族や周りの人にこの病気を理解してもらえるのが一番よいのですが、それが無理で誤解される可能性がある場合は、「何日ごろ怒りっぽくなるかもしれないけど、それは私にとっても不本意なことなの」といった時期と状態の予告するという方法もあるでしょう。

 


心気症(病気不安症)

心気症とは

心気症はごく些細な症状や、健康な人でも感じるような生理的な現象を「癌などの重い病気」の兆しと捉え、恐怖や不安にさいなまれる障害です。
心気症の患者がよく気にする症状としては、微熱,発汗、動悸(心拍の自覚)、胸の違和感、腹部膨満、腹鳴、痛み、疲労感などです。
このように、訴える症状自体は自律神経失調症とも共通するのです。自律神経失調症との違いは、患者さんが望んでいることが、症状の軽減ではなく、重い病気かどうかの確認である点が違います。
さまざまな検査をして「異常がない」と言われても、「検査ミスではないか」とか「医者が病気を見逃したのではないか」という不安がとれません。
心気症は成人期初期に発症することが多く、何年も続くことがあります。なお男女の性差はありません。

治療に向けて──大切なのは信頼関係

大切なのは受診先の医療機関や担当医との信頼関係でしょう。心気症の患者さんは、重い病気にかかっているのでは、という心配があるわけですから、まずは検査をしてその可能性を検討することは不可欠です。
しかし患者さんのなかには、一つの病院で検査を受けて「異常なし」と言われても安心できず、他の病院で同じような検査を希望することがありますが、これはお勧めできません。
患者さんはネットなどを駆使して、さまざまな病名や検査方法を自分なりに考え付くようですが、専門家からみると見当外れのことが少なくないからです。
また複数の施設で同じような検査を受けるのは時間と費用の無駄です。データを一カ所に集めるという意味でも検査は一カ所の病院で受けるのが望ましいでしょう。
かりに他の病院を受診するにしても、担当医師と相談して紹介状をもらった方がよいでしょう。そうすると紹介先の検査結果などの情報もフィードバックされるからです。

薬物治療

薬だけで「重い病気ではないか」という考え方そのものを変えるのは困難ですが、薬の治療は試みる価値はあります。
その理由は、一つには不安感や、心配事が頭から離れない状態を軽くできる可能性があるからです。
また重い病気を疑うきっかけになった症状を軽減できる可能性があります。たとえは「食欲がない。ガンではないか」と不安になっても、実際に食欲が改善すれば、癌不安が遠のく可能性があります。

カウンセリング

カウンセリング(支持的精神療法、認知行動療法)も試みる価値があります。ただし患者さん自身が「私は体の病気の心配をしているのにカウンセリングなんて」という気持になり、継続的な治療を望まないケースがよくあります。
しかし先程も述べましたが、カウンセリングにしろ、通院治療にせよ同じ担当者(担当医)のところに定期的に通うことは、心気症の改善への重要な第一歩です。

 


慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群(CFS)は1988年にアメリカ防疫センターにより、風邪様症状に始まる長期にわたる著しい疲労感や身体痛、睡眠障害、慢性頭痛、うつ状態などを特徴とする症候群につけられた名前です。
アメリカで集団発生例が報告されたことより「未知のウィルスが原因?」「第二のエイズか?」と騒がれたこともありました。ただ、身体所見や検査所見で特異的なものがないため、疾患単位(一つの病気)とすべきかどうか、現在も疑問視されていいます。
また、例えばうつ病や自律神経失調症、不定愁訴症候群といったものとどう違うのかも不明確です。こうした事情もあり、積極的にこの病気の存在を認めようとする人は少数派です。私も、慢性疲労症候群の診断を自分から下したことはありません。
なおこれは、疲労が蓄積された状態の慢性疲労とは別のものです。

慢性疲労症候群の診断

定義があいまいなので、診断は非常に困難です。
診断につながる特異的な検査もありません。通常は、一般的な血液検査に加えて、甲状腺やリウマチ因子、エイズや肝臓に関連するウイルス検査、胸部レントゲンなどで他の病気を否定することが行われています。
したがって診断は、以下の診断規準を満たすような症状に加えて、他の考えられる病気を除外する、という方法で行います。
米国疾病予防管理センター(CDC)による診断基準は以下のようです。(概要) 1. 医学的に説明がつかない、持続性または再発性の疲労が6カ月以上続き、以下の条件をすべて満たす場合。  それまでに経験したことがない、またははっきりした始まりがある  運動によるものではない  休息しても大幅に回復することがない  職業、学業、社会的活動、個人的活動に大きく支障を来す 2. 以下の症状のうちの4つ以上が6カ月以上続く。  職業や学業、社会的行動、個人的行動に支障が出るほどの短期記憶の低下、またはひどい集中力の低下がみられる  のどの痛み、微熱、首や腋下のリンパ節の圧痛、筋肉痛、腹痛  複数の関節に痛みがあるが、腫れや圧痛は認められない  過去のものとは種類やパターン、または重度が異なる頭痛  睡眠を取っても疲れがとれない  運動後に体調不良が24時間以上続く 診断にあたっては、これらの症状が、疲労感のある期間中(その前ではない)に持続的、または反復的に起こることが必要

原因、治療法、予後

原因
原因は不明です。当初、未知のウイルスが考えられたきですが、今では否定的です。しかし一部の症例ではウイルスや他の病原体が原因となる、とかウイルスによって生じる免疫学的異常がこの病気の発症や進展に関与している、と主張する報告もあるようです。おそらく複数の要因が関係しているのでしょう。
治療法
特異的な治療法はありません。自律神経失調症や不定愁訴症候群、うつ病に準じた治療などが行われています。
具体的には補中益気湯などの漢方薬、抗うつ剤、ビタミン剤などで、この他、非ステロイド系消炎剤、免疫機能を賦活する薬などさまざまな試みがなされています。
予後
長期間のフォロ-では、約6割が再発を繰り返しながらも徐々に軽快し、2割が症状悪化または不変、2割が自然治癒するという報告があります。

 


HOMEへ